投稿の全記事数: 2,065件

うちの祖母の戦争のころの話

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

70abfab085bdc585836d36978c5c6d1f

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

みなさん、今日は何の日かご存じですか?

知らないと恥ずかしいですよ。今日は終戦の日です。

71年前の今日、太平洋戦争と日中戦争が終わったのですな。

うちの祖母はいま84歳です。だから終戦の日に13歳でした。

だから当時のことをよく覚えてるらしくてね、よく話してくれます。

ただね……、ただ話すタイミングが問題でね。

睡眠薬を飲んだら話すんですよ。

普通睡眠薬を飲んだら寝るじゃないですか。

だから薬飲ませた後に寝室に連れて行って寝かせるんですけどね。

しばらくしたらリビングに起きてきて、椅子に座って戦争の話をし出すんです。

「戦争のころはなんたらかんたら……」って。

いや、ばあちゃん。自白剤やないんやからさ。早く寝てくれよ。

オカンがさ「もう戦争は終わったっちゃ! 早く寝なさい!」って言っても、ずーっと戦争の話してるんですよ。困ったもんですよね。

あのね、終戦の日にね、ラジオで玉音放送聞いた後、みんなで逃げたらしいんですよ。

「米軍が上陸してきてみんな殺される」って言ってね。

本当は米軍はそんなことしないんだろうけど、みんな「鬼畜米英」って教わってるからさ。アメリカは悪の帝国なんですよ当時の彼らにとってはね。

だから放送聞いた後に軍の貯蔵庫からありったけ物資を盗んでね、山に逃げたらしいです。

ただ不思議なのがね、「餅を持って逃げた」って言うんですよばあさん。

餅?

当時餅なんか作る余裕あったんだろうか。米がないやろ。

「なんで終戦の日に餅があると?」って聞いたら「お盆には餅をついてた」って言うんです。

うそくせー。

終戦の日に餅持って山に逃げるとか聞いたことないよ。んで山で焼いて食べたとか言ってるしさ。

なに終戦を祝ってるんだよ。餅なんか食うなや。

まあ、もうボケてる祖母の話ですからどこまで本当やらわかりませんけどね。

というわけで、戦争で亡くなった人たちに合掌。

ではでは。

See You!

コメント

  1. ボギワン より:

    いや、餅は保存食なのでむしろ普通に作ってたはずですよ?
    しかも米なんかは特に配給が少なかったから、有るうちに餅にしておくのは上作かと。
    また、先祖に必勝を願う上でも法事は普通に行われてましたから、お盆で作ってたと言う話はかなり信憑性高いです。

    • てっかまき より:

      なんと! ばあさんの言ってることは正しかったのか!
      今ではもう3時間前のことすら忘れてしまう祖母ですが、よっぽど恐ろしかったのか、このときの話はよく覚えてるんですよ。
      教えてくださってありがとうございます。

  2. アルテア より:

    前も同じこと書いたかも・・・
    84なら私の父と同年齢ですね
    父の父は神戸で貿易商をしてましたが
    軍にすべて船を取り上げられて没落しました
    父は小学校の卒業式をしていません
    神戸空襲の翌日、召集がかかりました
    それは死体を片づける仕事だとわかっていたので行かなかったそうです
    疎開した山口県で原爆の音を聞きました

    母の父は瀬戸内の小さな島で寺院の住職をしていました
    軍がその島に基地を作るというので立ち退かされました
    両親ともに戦争を憎んでいます

    あと、自虐と言われそうですが
    今日は「日本が戦争に負けて戦争が終わった日」です

    • てっかまき より:

      まあ、バカな戦争したもんですよね本当に。
      山本七平さんの本などで読みましたが、とてもじゃないけど当時の軍部は国民を人間扱いしてなかった。
      負けて幸いだったと思いますよ。そんな体制が続いてもろくなことにはならなかったでしょう。

  3. アルテア より:

    機会がありましたら
    原作マンガを読んでほしいと思います
    http://www.konosekai.jp/