投稿の全記事数: 2,029件

【ドラクエ】アストルティアの母 1.5周年感謝祭

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

昨日はレッズさん主催の「アストルティアの母1.5周年感謝祭」へ出席してきました。

「アストルティアの母」とは、このブログでもたびたび話題にしている占いイベントですね。

おちゃらけたギャグ占いではなく本格的なガチ占いであることで有名なイベントです。

そのイベントがね、今回なんと1.5周年を迎えたそうなんですよ。おめでたいですねぇ。

昨日はその記念祭があったのでそれに行ってきました。

ところがね、てっかまき、痛恨の大ポカをやらかしてしまいまして。

会場の写真撮るの忘れた!

言葉で説明すると、前のステージにレッズさんがいて、みんなは客席で見てるような感じでした。

これで脳内補完して! すんません!

ショーの内容はというと、クイズ大会です。アストルティアの母にまつわるクイズが出題されたのですよ。

例えばこんな問題です。

タロットの大アルカナのカードは何枚あるか?

答えは即答形式で早い者勝ちです。てっかまきは「21」と答えました。

でもね、正解は「22」なんですよ。間違えた!

最後のカード「世界」は番号が21だからそのままかと思った。よくよく考えてみれば一番最初に「0愚者」があるんですよね。

ジョジョでエンヤ婆が「ディオ様のスタンド、ワールド21は」って言ってたからそのまま答えてしまいました。

エンヤ婆のせいです。おのれエンヤ婆!

クイズの商品はというと、その場でレッズさんが占ってくれるというものです。白チャでの簡易占いだけどね。

やっぱり傾向としてはあれだね、恋の悩みが多かったね。みんな占ってもらって喜んでましたよ。

実はてっかまきもね、1問正解したんですよ。この問題です。

私(レッズ)が占いに使用する道具で、日によって使い分けてるものは何か。

これなんだと思います? 正解は「キーボード」です。

レッズさんってキーボードマニアなんですよ。めっちゃマニアックなメーカーの、めっちゃ高いキーボード使ってるって言ってました。

この問題でてっかまきは正解したので占ってもらいましたよ。

何を占ってもらったかって言うとね、最近さ、睡眠リズムが乱れ気味でさ。疲れてんのよね。どうしたもんかなと思ってね。

それを相談して出たカードは「ワンドの10」

W10

人が棒をいっぱい抱えて歩いてますね。

このカードは「1人で抱え込みすぎてることを暗示する」と。「何か抱え込んでませんか?」って言われました。

確かに抱え込んでますね。

家や親のこともそうなんですが、最近はブログ執筆がちょっと負担になりつつある。

更新頻度落とすことを考えてます。いま1日3〜5件でしょ。それを1日2〜3件ぐらいにね。実際にやってみないとわからないと思いますが、最大3件と最大5件じゃ負担が段違いですから。

で、私の占いは終了したわけなんですけどね。

ここからちょっとおもしろい出来事が起こったんですよ。

このあと、1人の魚くんが占ってもらってたんです。

内容は「フレからのダークキングの誘いを断ってここに来てしまった。今からでも行くべきだろうか」って感じです。

カードを引いたレッズさんはこう言いました。「まだ戦ってますか?」と。魚くんは「戦ってる」と。そしたらレッズさん「いますぐ行きなさい」と。

このときに出てたカードがね、恐るべきものだったんですよ。

W05

ワンドの5……。見ての通り、人々が棒を持って戦ってます。これは、「今まさに物事が進行中である」ことを示すカードです。

レッズさん曰く、「これが出たということは、すぐに戦いに行けということなのだろう」と。

これすごくね? こんなドンピシャに状況を当てるってさ。

やっぱこの人、本物だわw

というわけで、感謝祭、これで終わりです。

いやー、楽しかった。

終了後に密室での本格占いの予約を受け付けてましたが、予約殺到で嬉しい悲鳴をあげてました。良かったですね。

ちなみに件のダークキング。フレさんは苦戦して何回も負けてたけど、魚くんが参戦したら勝てたそうです。

ではでは。

See You!

20160924 1551 345138812

コメント

  1. レッズ より:

    ブログに記事を掲載していただきありがとうございます。

    国勢調査曰く「週に1回程度の定期集会を継続して行われている、隠れ家的印象を持つユーザーイベントを開催されている方」として、もう少し頑張ってみようと思いますので、引き続きご愛顧よろしくお願いします。

    • てっかまき より:

      こちらこそ、いつもお世話になっております。

      国勢調査のランキングへの入賞おめでとうございます。
      無理せず頑張って、これからも多くの人の悩みを解決してあげてください。