投稿の全記事数: 2,063件

指の病院行ったら謎の治療法を施されました。

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

illust191

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

以前の記事で書きましたよね。右手の薬指が曲がったままになってキーボード打ちづらいって。

それで今日病院に行ってきました。例のオカルティックな医者のところです。

行ったらね、「今日はどんな相談に来たの?」って言われたんで経緯を説明しました。

そしたら「ちょっとベロ見せて」って言われて。(なんで指の病気でベロ……?)と思いながらベーってベロ出したら「裏も」って言われてアーンってベロ裏返して。

そしたら「これは抑肝散(よくかんさん)だな」って言って後ろの薬棚をゴソゴソしはじめたんですよ。抑肝散って知ってますよ。漢方薬でしょ。

で、例のOリングのオカルト診断法で、抑肝散と桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方薬を処方されました。漢方薬かぁ。いいイメージ無いんですよね。効いた試しが無いし。まあ、肝臓への負担は少なそうだけど。私、精神薬で肝臓やられてるんですよ。だからそれはありがたいんですけどね。

そのあと、薬指の付け根に怪しげな臭い液体を塗られて、謎の機械で温かい光を当てられました。そしたら指の付け根がね、筋肉の中で虫が這ってるみたいに「ビキッ……ビキキッ」って痙攣しだして。「うわー、なんだこれー」と思いながら5分で治療は終わりました。

この記事を書いてる時も別段変わった感じは無いんですけどね。「月に1回来なさい」って言われたからじっくり治すしかないのかな。漢方薬って効くの時間がかかるよねぇ。

何の病気かって何も言われなかったんですけど、処方の内容を見る限り「冷え」が原因っぽいね。抑肝散は筋肉のツッパリに、桂枝茯苓丸は冷えに効くんですよ。

まあ、じばらく薬飲んで様子見てみます。

では。

See You!