投稿の全記事数: 2,028件

時間は未来から過去に流れる

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

唐突ですけど、時間ってどっちに流れると思います?

普通は過去から未来って思うでしょ? それも確かに正しいんですけどね。仏教では「未来から過去に流れる」と解釈されてるのです。

「え? どういうこと?」と思ったでしょ?

それはこういうことです。いま、あなたはこのブログを見てますよね? 仮に見終わったあと、動画を見ているとしましょう。このとき、ブログを見ていたことは過ぎた事になります。だから過ぎた流れは動画→ブログですよね。そして30分後に出かける予定だとしましょう。すると、過ぎた流れは出かける→動画→ブログですよね。このように未来から来た事実が現在のあなたの目に止まって過ぎ去っていくということです。

川の流れをイメージするとわかりやすいと思います。上流が未来、下流が過去。上流から流れて来たボールがあなたの前を通り、下流に過ぎ去っていく。これが仏教の考える時間の流れです。

仮に流れているボールを取ろうとして、取り逃がしてしまったとしましょう。下流に流れていったボールを見ながら、「なんであれを取れなかったんだ、ちくしょう」と考えて意味はあるでしょうか? それよりも上流に目を向け、新しいボールが来るのを待ったほうが、どう考えても得ですよね。

だから過去に執着するのは意味がないのです。

逆に我々が普段考えている、時間が過去から未来へ流れるという考え方は「因果律」という科学的原則に基づいています。原因があって結果があるということですね。確かにこれはPDCAを回すときなどに必要な考え方で、完全に要らない考え方と言ってるわけではありません。

ただ、過去ばっかり見て未来を見ないというのは損というのを仏教は言っているのです。人生において因果は未来にあるということです。

皆さん、未来を見て生きましょう。

では。

See You!

コメント

  1. フェアリー より:

    ほほお
    たしかに過去にとらわれるより未来を、だね