投稿の全記事数: 2,065件

プログラミング言語の相関図

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんなサイトを見つけました。

⇒Programming Language Influence Network

160306 pr thumb 640x360 94713

どのプログラミング言語がどのプログラミング言語に影響を及ぼしたかの相関図らしいです。

すごいね。まるで網の目のように。

ざっと見た感じLisp、C、Smalltalkの影響力が強いんですかね。次いでC++、Java、Pascalかな。

この中でSmalltalkは触ったことないなぁ。オブジェクト指向言語ですよね。

なんかLispとか懐かしいな。

大学生のときに家のPCにFreeBSD入れてデスクトップPCとして使ってたんですよw

LispでEmacsの設定ファイルとか書いてたなぁ。大学で習ったからいちおう使えたんですよLisp。

てっかまきは手続き型、関数型、オブジェクト指向、アセンブラ、ハードウェア言語、ぜんぶ使えますよ。

ハードウェア言語はsflですけどね。大学のときにCPU作ったんですよ。

あれってソフトウェア言語と同じ感覚で書くとびっくりするよね。実行が上から順番じゃないからね。

あれだよね、よくプログラマーの人がさ。「なんとかとなんとかとなんとか使えます」みたいに言語をずらずら並べることがあるけどあんまり意味ないよね。求人もそうなんだけどさ。

手続き型なら1個使えれば他の手続き型も似たようなもんでしょ。ググりながら実装できるよ。

そんなのより効率的なアルゴリズムを作れるかとかさ。ちゃんと構造化できるかとかさ。そういうことのほうが大事ですよ。

オブジェクト指向ならUMLがちゃんと描けるかとかさ。デザインパターンを使えるかとかさ。そういうことよ。

UML使えなかったら手続き型との違いが理解できんやろ。

文法がどうのこうのとか瑣末なことよ。

まあ、ここまで偉そうなこと語ってきましたが、てっかまきの知識は5年前で止まってるのでいまどうなってるのかは知らないw

ではでは。

See You!