投稿の全記事数: 2,029件

信用創造〜世の中に回るお金の正体〜

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

Shared img thumb PAK85 singadoll20140531 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

みなさんは、「信用創造」という言葉をご存知でしょうか?

中学校の社会で習います。しかし、学校の授業はたいくつなので、よく覚えてない人が大半だと思います。

今回は信用創造の説明を通して、「通貨」というものが一体何なのかを説明したいと思います。

むかしむかしのお話

古代からお金にはさまざまなものが使われてきました。宝石、きれいな貝殻、羽……。

しかし、それらは価値の尺度がわかりにくく、使いにくいものでした。

やがて人間が金属を扱えるようになると、金や銀がお金として使われました。

これらは鋳造して一定の分量に分けられるので、価値の尺度が一定で、使いやすいものでした。

お金を作る役目を負ったのは、金細工師でした。

金細工師は作ったお金を守るため、大きな金庫を持っていました。

やがて金細工師は金庫の余ったスペースを貸す商売を始めます。人々は金細工師の金庫に自分のお金を預けました。

何年かたったある日、金細工師はあることに気づきます。

人々が金庫の中の金を取りに来ることはめったにない。

まして、全部を一気に引き出すことはなおさらである。

そこで金細工師は、金の預り証を持っている者ならば、本人でなくても金を引き出せるようにしました。

このことによって、預り証自体に決済の機能がつき、これ自体が紙幣として流通するようになりました。

そして自分の持っている金をローンとして貸し出す商売も始めます。

やがて人々は、金庫にある金ではなく、はじめから紙幣でお金を借りるようになります。

産業が拡大するにつれて、お金を借りる人はどんどん増えていきした。

ここで金細工師はずる賢い考えにたどり着きます。

人々が金庫の中の金をめったに取りに来ないならば、それを担保にして紙幣を貸し出すことも出来るのではないか?

ローンが返済される限り、預金者たちは何も気づかない。

そして、金細工師は、金庫にある人々の金を担保に勝手に紙幣を貸し出して利息を得る商売を始めたのです。

このときから金細工師は、銀行家という新しい職業になりました。

しかし、銀行家が羽振りよく町中を歩く姿を見て、人々は疑いを持つようになります。

「銀行家は我々の金に手を付けているのではないか?」

人々は集まって、銀行家に金庫の中を見せるように詰め寄りました。

しかし金庫の中を見てみると、自分たちの金は確かにそこにあったのです。

人々は銀行家と話し合い、預けている金を引き出さない代わりに利益の一部を利息として還元するように要求しました。

これが銀行の始まりです。

銀行家は高い利子でお金を貸し出し、低い利息を預金者に還元することで利益を得ました。

しかし、欲深い銀行家はそれだけでは満足しませんでした。

実際に金庫にある金の量は銀行家以外知らない。ならば、金庫にある金の量以上の紙幣を貸し出すことが出来るのではないか。

紙幣の持ち主が同時に金を引き出すことはない。

そして銀行家は実際にはありもしない金の金利で莫大な利益を得るようになりました。

めでたしめでたし。

Shared img thumb UNI16040516IMG 0017 TP V

信用創造

現在の通貨システムでは、上記の昔話の「ありもしないお金を作り出す方法」が全世界の銀行ネットワークによって行われています。

そう、世の中に流通するお金を作り出しているのは銀行なのです。

その仕組みはこうです。

わかりやすくするため、世の中に存在する全てのお金が1000万円で、全てをてっかまきが持っていると仮定しましょう。

まず、てっかまきがみずほ銀行に1000万円預けたとします。

すると、みずほ銀行は預金者への支払いのための準備に100万円だけ残して、残り900万円を人に貸します。

仮にかっぱまきがみずほ銀行で900万円のローンを組んだとしましょう。

すると、かっぱまきはみずほ銀行から貸してもらった900万円をUFJ銀行に預けます。

このとき、全世界のお金の金額は、てっかまきのみずほ口座に1000万円、かっぱまきのUFJ口座に900万円。合計1900万円になります。

おわかりでしょうか? もともと1000万円だった通貨量が1900万円に増えました。

このとき増えたお金900万円を信用貨幣と言い、信用貨幣を作ることを信用創造といいます。

この900万円の価値の担保は何でしょうか?

そう、かっぱまきが滞り無くお金を返してくれることが担保になっています。

つまり、お金とは借金なのです。

Shared img thumb PAK73 kaigainookane20140531 TP V

人々の借金が増えると景気が良くなる

上記の説明の通り、お金が借金であるならば、経済を回す原動力も、また借金ということになります。

多くの個人や企業がローンを組み、融資を受け、市場にお金を回すことによって景気が良くなるのです。

このプロセスがうまくいかないと景気が悪くなります。

たとえば企業や個人の収入が減って借金をしたがらなかったり、銀行がお金を貸したがらなかったりすると、お金が滞ることになります。

以上です。

長々と説明してきましたが、お金とは何なのか、おわかり頂けましたでしょうか。

お金とは借金なので、みなさんどんどん借金をしましょう。

車を買ってください、家を買ってください。

それが社会の原動力になるのです。

ではでは。

See You!