投稿の全記事数: 2,028件

認知特性……たぶんブログとあんまり関係ないぞw

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

Shared img thumb ELLY093133111 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんな記事がありました。

ブログで生きていくとか、稼いでいくとか、そういう話題がまた人気みたいです。10年くらい、この話題が2年に1度盛り上がっている気もします。 しかし、誰でもブログで生きていけるかというともちろんそうではありません。どんな職業でも向き不向きがあります。 ましてや、ブロガーのような、個人事業主に近い形だと、自分に向いてい...

まず、ブロガーとして生活するには何が必要かの前提を考えてみたのですが、一つだけ選べといわれたら

– ブログを毎日書ける(最低1本、できれば10本)

じゃないかと思うんですよね。

(中略)

では、どういう人がそれを出来るのでしょうか。
それは、「思考方法が、ブログと似てる」ではないかと思います。

(中略)

「医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン」という本によると、人は以下の6つのパターンの「頭のよさ」があるらしいです(この本で、自分がどの優位者がテストできます)。

(中略)

これの、Bの「言語優位者」がブログに向いているんじゃないかなーと思うんです。特に、「文字や文章を図式化してから思考するタイプ」は、思考方法が、ブログの文章と似ていると思うんですよね。

いや、これあんまり関係ないと思うw

私もおんなじ本を買ってテストしてみたんですよ。kindleで買えるんでね。

私は視覚優位者だったけど、毎日5本更新してますよ。

これはブログの記事更新数よりも、どんな文章が書けるかという適正がわかるような気がする。

たぶん言語優位者とか聴覚優位者には小説は書けないんですよ。

小説って絵なんです。

私が小説を書く時は、マンガみたいな絵がパパパパッと頭に思い浮かぶんです。

そして頭に思い浮かんだ絵を文章で説明してるだけなんですよね。

まあ、このテストって「はい君は視覚優位者!ドン!」って出るわけじゃなくて、ある程度スペクトラムがあるみたいなので、それによっても違ってくるんでしょうね。

ちなみに私のパラメータはこうでした。

視覚(二次元) 34

視覚(三次元) 38

言語(映像)  15

言語(抽象)  14

聴覚(言語)  23

聴覚(音)   18

目安としては「14以下が弱い」「15から25が普通」「26以上が優秀」だそうです。

私は言語特性は弱いですけど、聴覚(言語)が23ぐらいあるので、ブログは書けるのでしょう。

その証拠にてっかまきのブログって話し言葉じゃないですか。

まあでも、あんまり関係は無いと思う。

結局のところ能力の問題ではなくて文章が好きかどうかですよ。

以下がこのテストの本です。

Amazon.co.jp: 医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン~ (光文社新書) eBook: 本田 真美: Kindleストア

ではでは。

See You!