投稿の全記事数: 2,029件

ホワイトハッカーという謎の職業

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

Shared img thumb PAK12 101100 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんな記事がありました。

テクノロジーの進化は、人間が携わる職業を変化させている。たとえば、最近の小学生に「将来の夢は?」と聞くと、「ユーチューバ

なんなんすか……、ホワイトハッカーって。

だいたい15年ぐらい前は「ハッカー」という言葉自体がホワイトの意味だったんだけどね。

「ITやネットワークにめっちゃ詳しい人」のことを「ハッカー」と呼んでた。

この記事で言ってる「他人のコンピューターに侵入し、情報を盗み取る人々」のことは「クラッカー」と呼んでた。

にしても、ハッカー雇うとか外国では昔から行われてたでしょ。ハッカーの選手権とかあるやろ向こうは。

やっと日本も時代に追いついてきたかって感じよな。

10年ちょっと前にね、「ACCS事件」っていうのがあったんですよ。

ACCSってソフトウェア著作権協会って団体なんですけどね。

ここのサイトにアクセスして捕まった人がいたんです。

その人が何にアクセスしたかというとね、CGIにアクセスするためのHTMLファイルをちょろっといじって開いたら個人情報ファイルが取れたって感じなんですよ。

でね、不正アクセス禁止法違反で逮捕されまして。

裁判の結果、有罪になりました。

裁判所が言うには「不正アクセス禁止法には『アクセス制御機構を有する電子計算機に不正な情報を入力してアクセスしたらダメよ』って書いてある。ACCSの個人情報ファイルは本来認証FTPでアクセスすることを想定していた。つまり、ACCSのコンピュータはアクセス制御機構を有する電子計算機だろ。だから有罪」ってことなんですよ。

正直、当時からこれはめちゃくちゃな判決って言われてたんですけどね。

だって、アクセスした人はHTTPでアクセスしてるんであって、FTPの認証機能がどうなってるのかなんて知りようがないじゃん。

極端な話さ、私がこのブログを置いてるレンタルサーバーも認証FTPでファイル管理するんだけどさ。

この判決通りに行くと、HTTPで普通にブログ見に来た人を「私はそんな使い方は想定してなかった! 不正アクセス禁止法違反だ!」とか言って捕まえられるってことになるやんw

そんな馬鹿な話があるかいな。

まあ、10年経って、やっとハッカーを捕まえるんじゃなく利用した方がいいって気づいたんでしょうね。

これでACCSがハッカー募集し始めたら笑えるけどw

ではでは。

See You!