投稿の全記事数: 2,065件

ファンタジー小説の魔法名はどうあるべきか

応援ポチよろしくおねがいします。

猫ランキング

MAR85yousyohondana20130907 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんなまとめがありました。

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/06(月) 19:58:18.35ID:8MlK9h5l00606.netたとえは魔法が メラ ←これは独特の言語だろ でもこれが ファイア ←こんなのだったらつまらんだろ8:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/06(月) 19:59:37.7...

たとえは魔法が

メラ ←これは独特の言語だろ

でもこれが

ファイア ←こんなのだったらつまらんだろ

まあ、確かにファイアはつまらんよね。かといって独自名にすればいいかというとそうでもないぞ。

例えばスレイヤーズとかでもさ、「振動弾」って書いてないと「ダムブラス」だけじゃわからんやろ。

あれ? ダムブラスって英語? フレアアローとかあったよね、スレイヤーズって。

独自名じゃないのか。なんか独自名なイメージがあった。

ファイアⅠ

ファイアⅡ

ファイアⅢ

こんなん最悪やんw さすがにこれは無いわw

メガテンですら意味わからんのよくある

ドラクエですらあるぞ。「クモノ」とかよくわからんもんw

魔法の矢とかそういうのはアカンか

これ好きですよ私。魔法小説書くとしたらこの形式にする。

カッコいいじゃないですか。

「フレアアロー」とかも英語で「炎の矢」なんやから日本語で書いたらええがな。

あのね、CardWirthっていうゲーム知ってますか?

あれにね、「光の矢」とか「炎の玉」とかそういう名前の魔法が出てきてね、それが好きだったんですよ。

でも、どちらかというと、魔法に名前がついてない感じで書くのが好きかな。

「炎の玉が無数に◯◯を襲った」とかそんな感じで書く。でも名前はついてない。

だから剣の技にも基本的には名前は付けないです。基本的にはね。

「ファイナルフラーーッシュ!!」とかアホくさいじゃないですかw ベジータには悪いけどw

はいアルべド語 正直糞要素やったね

そうそうw あんまり独自言語追求し過ぎると、「ファルシのルシがコクーンでパージ」みたいになるしw

HP回復魔法がゲンキダスデスヨとか

その上位版がモットダスデスヨとかどう思うよ

あのね、バスタードっていう漫画あるじゃないですか。

あれの地名とか人命とか魔法名とか外国のヘビメタのバンドとかから取ってるんですよね。

ア・イアン・メイデ=アイアンメイデン

メタ・リカーナ=メタリカ

イングヴェイ・フォン・マルムスティーン=イングヴェイ・J・マルムスティーン

ザック・ワルダー=ザック・ワイルド

シェラ・イー・リー=ジェイク・E・リー

ブラド・ギルス=ブラッド・ギルス

とかさ。

私って昔ヘビメタ聞いてたからさ。「あっ、これあの名前だ」ってわかるんですよ。だからイマイチ世界観に没頭できないんですよねw

なので、バスタードほとんど読んだことないですw

1 表音文字に近い直感的なネーミング

メラ→メラミ→メラゾーマ

2 内容をそのまま英語で記述したもの
ファイアーボール→レイザーレイ→フレアウェイヴ→エクスプロージョン

3 内容を日本語でそれっぽく記述したもの
爆炎の投射→炎魔界→劫火の王国

4 そのまんま
熱いよ→熱すぎる→熱い熱い熱いイイイィィィ

4番いいねw 斬新でいいw

この中では3がいちばん好きかな。FF4のルビカンテのさ、「火燕流」とかめっちゃかっこいいじゃないですか。

あれがひらがなで「かえんりゅう」って表示されてるのがね。またカッコいいんですよ。

現実の言葉が入ったら嫌なの!!!

どうしても現実が想像されるだろう・・・

わかるよ。上に書いた私のバスタード現象ねw

でもスレイヤーズは平気だったんだよな。あれなんでなんだろう。

たぶん、振動弾とか竜破斬とか漢字で名前が当ててあったからだろうね。

日本語で名前をつけると現実は想像されないんですよ。

だって現実に「竜破斬」なんていう単語無いからね。

ファイアアローとかカタカナの表記だとどうしても「英語」という言語を連想してしまって没入できない。

ラテン語ベースの技名使ってラノベ書いたら、ルビが鬱陶しいって言われたンゴ

そう、あんまり作り過ぎると「ファルシのルシがコクーンでパージ」みたいになるんですって。

そう考えると、スレイヤーズがいかに優れていたのかわかるね。

まあ、私は魔法小説はあんまり書かないっていうか書いたことないんですけど、書きたいっていう気持ちはあるんですよね。

でも体系考えるのがめんどくさいんですよ。

やっぱり「魔法の名前無し方式」で行こうかw

ではでは。

See You!