投稿の全記事数: 2,163件

能力バトル小説ってテレポーターが最強なの?

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

Kuroko2 03d84

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんなまとめがありました。

自作の能力バトル小説にテレポーターを出したいんだけど制限をどんなにキツくしても最強になっちゃう

能力バトルかぁ。書いたこと無いんですよねぇ。剣で斬り合いするようなのが好きなんでね。

テレポーターってそんなに強いんですか? そもそもテレポーターってなに? 瞬間移動出来るだけ?

……。

今調べてみると、どうやら自分を含めて何でも瞬間移動させられる能力のようですね。

それは確かに強そうかも。

強すぎるからちょっと怪我したら演算できなくなるだろ?

演算って座標をってこと? 確かにものすごい集中力を必要とするとかにしたらバランス取れそうだけどな。

見える範囲にしかテレポートできないとかで十分弱くね?

えw それだけでも十分強いやろ。相手の頭だけを瞬間移動とかで瞬殺やないか。

所持品(服含む)はテレポートできない

これもいいかも。制限ってだけじゃなくて戦闘がかなり面白そうな感じがする。

自分しかテレポできない

制限にはなりそうだけどつまんなそう。言ってみればドラゴンボールみたいな戦闘ってことでしょ。

どんな制限つけても最強になるって他の能力者どんだけ弱いんだよ

他の能力者っていうか弱いのは筆者ですね。筆者がテレポーターを倒す方法を思いつかないから悪いんですよ。てっかまきもありますよ。めっちゃ強敵を出したらね、そいつを倒す方法を考えるのに徹夜したとかさ。

テレポートすると24時間分の記憶を失う

制限っていうかほとんど使えんやろw 戦闘してる理由すら忘れてしまうんやから。

助走しないとテレポートできない設定にしよう

マザー2かお前はww

私ならどう書くかなぁ。テレポーターをラスボスにするかな。

そして主人公がラストで新しい能力に目覚めるんですよ。

それは相手の能力を無力化する能力なんです。

めっちゃありきたりやなww

ではでは。

See You!

コメント

  1. アルテア より:

    こういう定義になっていますね
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9E%AC%E9%96%93%E7%A7%BB%E5%8B%95#SF.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E7.9E.AC.E9.96.93.E7.A7.BB.E5.8B.95
    私が読んだ経験で制限があるのは2種
    ・自分の体を置き換える(空気と自分の体)
    鏡の閉鎖空間に入り込んで脱出不能に
    ・自分の体を移動させる。
    ただし、距離は3.6メートル。
    100m全力疾走するエネルギーが1回1回に必要

    「最強」と考えた人は発想力が貧困かとw

    • てっかまき より:

      「鏡の閉鎖空間に入り込んで脱出不能に」とはテレポーテーションすると鏡の中に入るということでしょうか?

      確かに物理的な障壁や消費エネルギーが大きいというふうにすると制限になりそうですね。

    • てっかまき より:

      エスパー魔美のテレポーテーションってこういう原理だったんですね。
      子どものころなんでビーズを弾いてるのかと不思議に思ってましたw

  2. アルテア より:

    説明不足でした
    演出の要素が大きいので、説明が難しいですが、ざっくり言うと
    エスパー同士の戦いで
    敵の宇宙船内部でテレポート移動してるうちに迷って
    鏡のような空間に迷い込んで出られなくなった
    彼は空間を入れ替えて移動する能力しかない
    敵に追い詰められて
    とっさに鏡の中へ
    鏡と彼の肉体が融合して宇宙船大爆発
    彼は鏡の映像として存在することに・・・

    • てっかまき より:

      テレポートで鏡の中に移動できるんですね。
      すごく斬新な設定です。おもしろいですね。

  3. アルテア より:

    30年前のSFマンガです
    当時も斬新と思ったけど、今読み返しても面白いな
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E7%94%B1%E4%BB%96_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)