隣が電話局 | てっかまきは飲み物

投稿の全記事数: 2,286件

隣が電話局

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

PP kousyuudenwa TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

あのね、昨日思い出してちょっと笑ったことがあるんですけどね。

昔ね、市役所の隣に市立病院があったんですよ。今はもう違う場所に移ってるんですけどね。

んでね、そのさらに隣にNTTのビルがあったんです。

だからね。私は小さいころ親と一緒に市立病院にいくたびに「隣が電話局やねぇ」って言って行ってたんです。

もう「隣が電話局」ってのが市立病院の合言葉みたいになってるんですよ。

でね、4歳のときに私は肺炎にかかってしまいまして。市立病院に入院することになった。

でもね、1つ問題があったんですよ。

注射が大っ嫌いだったんですよ私。

それでギャーギャー泣きましたよ。点滴射たないと入院できないのにね。

あのね、私それまで市立病院みたいな総合病院で注射したことなかったんですよね。

でね、「個人病院では針が1本の注射だけど、総合病院では針が何本もついてる」って思い込んでてさ。もう怖くて怖くて。

ギャーって泣いて手足バタバタさせて全然注射できないんです。

それで、看護師さんが2人で両手両足押さえたんですけどね、それでも跳ね除けて暴れるんですよ。

だから、もう最後の手段で4人で両手両足を押さえてさらに1人が馬乗りになって腕を押さえてね。

これにはさすがの私もたまらず押さえ込まれた。

そのとき窓からNTTのビルが見えたんですよ。

そしたら私。

「ひっ……ひっ……隣が……電話局……」

って、なぜか「隣が電話局」とつぶやいた。

次の瞬間。

「隣が電話局うううううううう!!! うわあああああああ!!」

って叫んでブワーッと看護師さん5人を跳ね飛ばしたんです。

隣が電話局パワーですよ。

これには看護師さんたちもお手上げでどうしようかってことになったんだけどさ。

私はその後シュンと大人しくなった。「隣が電話局」で全てのパワーを使い果たしたんですよ。

こうして私は無事に注射を終えて、入院することができたのでした。

いやすごかったね、隣が電話局パワー。

4歳が大人5人を跳ね飛ばしたからね。

なんでそこまで電話局が好きだったのか謎ですけどね。

というわけで思い出話でした。

ではでは。

See You!