投稿の全記事数: 2,198件

ペットショップの売れ残りはどこに行くのか

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

NEKOIMG 7215 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

あのね、よく動物愛護団体の人が言うじゃないですか。「ペットショップの売れ残りは殺処分される」とかさ。

あれ本当なのかと思ってね。だって、何年か前の法改正で保健所はペットショップからの持ち込みを拒否できるようになったんだから。

確かにペットショップの売れ筋は月齢3ヶ月ぐらいの子たちです。なぜならその年頃がいちばんかわいいからです。3ヶ月ぐらいを過ぎて、4ヶ月5ヶ月と売れ残ると、プライスダウンしていきます。

3ヶ月ぐらいのピチピチの子たちが20万円とか30万円とかで売られてる中で、1歳超えたジジババが9万円とかで売られてるの見ると悲しくなるよね。

その売れ残ったジジババがさらに売れ残るとどうなるのか……。

こんなブログを見つけました。

ペットショップの猫!売れ残りはどうなるの? 1 そもそもペットショップの猫はどこから入荷してくるのか? 2 ブリーダーの種類は? 3 ペットショップの猫が売れ残ったらどうするの? // なんでも猫専門のペットショップまで出来た現代ですが、猫専門病院などもあり、増々猫の需要が高まっているのですが、今回の記事では、ペットシ...

以前ペットショップで働いていたという人が実情を書いてます。書き方からしておそらく本当のことを書いてますね。

これだけ緻密な粒度で、これだけ膨大な量の文章を、嘘で書くことはまず不可能でしょう。

まずは価格を引き下げていき、それでも売れなかった場合は、引き取り手を探し、最終的には誰かにもらってもらうと答えてくれました 

(中略)

他には、ブリーダーの元へ戻して、繁殖用にするというやり方もあるようです。

まあ、これが普通のやり方ですよね。ペットショップも最近のマスコミなどのイメージ操作で黒いイメージがついていますが、実際はピンキリですからね。

動物のことを考えて真っ当にやってるペットショップもあるにはありますよ。

うちのわさくんを譲ってくれたブリーダーさんは金儲け主義じゃないシリアスブリーダーですけど、以前はペットショップ経営だったんですよね。

ただ、こういうやり方は小さいペットショップでしか通用しないよね。何百匹も一気に取り扱ってる大手ではいちいち里親とか探してられないでしょうし。

この記事をまとめている2016年2月3日に、ペットショップの大手であるコジマのフリーダイヤルの「ご相談&お問い合わせ」番号に電話をかけて

(中略)

「うちでは、最後まで飼い主さんを探すので、売れ残るということはありません。例えば、お客様によっては、子猫の小さい子がいいという人ばかりではなく、共働きで小さい子を世話出来ないので、ある程度成長していて、ワクチンを3回くらい打った子が良いという要望などもあります。そのような繊細な要望にお応えしながら、最後まできちんと責任を持って、飼い主の元へ送り届けています」

確かにみんながみんな子猫が欲しいってわけじゃないですからね。売れ筋なのは3ヶ月ぐらいですけど、プライスダウンしていけば欲しいって人は出てきますよ。

うちのわさくんだって月齢6ヶ月まで売れ残ってましたからね。ある程度育った子が欲しかったんですよ。小さい子猫やったらちょっとのはずみで死にそうで怖いやん。ある程度育ってれば体力も免疫力もついてるからね。

というわけで、今日の記事はここまでにします。ペットショップの売れ残りの話についてはまだ続きます。また後日ね。

余談ですけど、このブログ書いてる人は信用できるブロガーっぽいね。アフィリエイトはついてますけど、記事の内容はまともですよ。

ただ、文章がドヘタクソだけどね。そのくせ超長文を書いてるからとてもじゃないけど読めたもんじゃないよ。惜しい。

ではでは。

See You!

コメント

  1. カイリス より:

    こんばんは^^
    大昔の話ですが、「猫と抱く時は首の後ろをつまんで持ち上げるのが正しい猫の抱っこだ」と祖母に教わったのを何故か思い出しました(笑)

    普通に抱っこされるのを猫は嫌がるからなのか、祖母が猫嫌いだったのか、祖母の発言の真意は今はもう分からないけれどw

    ブログの写真見てると猫欲しくなりますなーw

  2. てっかまき より:

    こんばんわ。
    お祖母様には申し訳ないですが、それはやっちゃいけない抱き方ですね^^;;
    脇に手を入れて抱え上げ、優しくお尻を持つのが正しい抱き方です。
    確かに昔は首根っこ引っ掴んで抱いてたみたいですけどねw