投稿の全記事数: 2,202件

マルクス「お金はお金だから商品と交換できると思ってるだろ?違うよ」

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

TSURU17623022 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんなまとめがありました。

マルクス「お前らが貨幣は貨幣だと認めて貨幣と商品を交換するから貨幣は貨幣なんだぞ」

なるほど、確かにそうだw

ややこしいのでもっと平易な言い方にすると、「1万円札とか諭吉が印刷されてるただの紙切れでしょ」ってことよ。

みんなが1万円札をお金として認めてるから1万円札として使えるんであって、誰もお金って認めてなかったら使えないですよね。

最近流行りの仮想通貨とかもそうじゃん。

あれは「通貨」って名乗ってるけど誰もお金だと認めてないでしょ。「仮想通貨で払います」って言ってもどこでも拒否されるんだから。

だから仮想通貨は通貨じゃないんですよ。

マルクス「この人が王であるのは、ただ他の人々が彼に対して臣下としてふるまうからでしかない。ところが彼らは反対に、彼が王だから自分たちは臣下だと思うのである。」

なるほど、わかりやすいw 「課長は言うこと聞く部下がいるから課長だ!」みたいなことですかね。窓ぎわ課長は課長じゃないんですよ。

貨幣の歴史を勉強すると、流通を仲介する信用を表す物品というのはたくさんあるんだ

最初は綺麗な石とか羽とか貝殻とかだったんですよね。

でもこれらは分割ができなくて大きさがまちまちで価値の基準がわかりにくい。

それで金貨が登場するんですよ。これが1971年まで使われてたんですからね。如何に金の価値が普遍的かってことです。

じゃあ皆がワイのウンコを貨幣と認めたらワイのウンコは貨幣になるんか

そうだよ。お前のウンコが金ピカの宝石ならみんなに認められるかもな。

男女の分業を前提とした原始的なコミュニティでは、 男用のカネと女用のカネが別々にあったりもしたそうな

コミュニティに於ける経済活動が別けられてた、というよりも、

そのコミュニティへ支払う価値の種類が違っていたんだろうね

ほほう。おもしろい話だね。男と女が別の国みたいなもんなんだね。それぞれが生産した物の交換とかどうやってたんだろうね。おもしろい。

紙切れは紙切れでも国が保証した紙切れや

国が認められてないと文字通り紙切れになるけどね。ジンバブエとかさ。あれは誰も国を信用してない(認めてない)からお金が暴落しとる。

マルクスが言いたいことは経済なんて実態のない危ういものだから過信するなってことな

仮想通貨が上がったの下がったの言ってる奴に言い聞かせてやってくれ。

あんなもんただの数字やで。

ではでは。

See You!