一緒にタロットの勉強をしましょう小アルカナ編〜2〜

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

昨日はエースをやりましたね。

今日は2をやります。では始めます。

2

エースが何も具体的な意味を持たない要素そのものを表すカードだったのに対し、2では初めてカードが具体性を持つことになります。

有性生物は精子と卵子が受精することで誕生しますね。受精し着床したあとで最初にすることはなにか。分裂ですよ。

小アルカナの2はそれすなわち細胞分裂が始まった、全ての始まりということにほかなりません。

エース(1)が完全無欠な神の世界だったのに対し、2からは人間の世界になります。

エヴァンゲリオンでありましたね。人間は不完全な群体の生物だと。アダムとかリリスのような完全な1個体の生物を目指すべきと。

それと一緒よ。

1人の状態では何も心配事も恐怖も無い。2人になったら互いの認識が生まれ、軋轢が生まれ、他人という恐怖が始まる。ATフィールドってやつですわ。

小アルカナはここからドラマが始まるんです。

RWS Tarot Wands02

これがワンドの2。

地球儀を持った男が、城の屋上に立っている。視線は遠くの海を見ているようにも見えるし、地球儀を見ているようにも見える。

この地球儀は男が手に入れた世界(領地)を示し、遠くの海はまだ見ぬ外の領域を示している。

つまり「うーん、今ある領地も大事だけど、もっと領地を拡大したいなぁ」という葛藤ですよ。

今あるものを守るか、新しいものを手に入れるか。その2つの選択肢。だから「2」なんです。

RWS Tarot Cups02

これがカップの2です。

男の子と女の子がカップを交わして乾杯をしています。男のほうが女の手を握ろうとしてるようにも見える。

この2人は恋人同士ではないですね。まだそこまで親しくはないはずですよ。だって2はATフィールドですからね。

友達以上恋人未満って感じかな。たぶん初めて一緒に飲んだんじゃない?

だから基本的には微笑ましい、愛に溢れるカードなんですけど、その関係にはまだ緊張感があるってことに注意ですね。

相思相愛ってわけじゃなくて、まだ探り探り。簡単に関係が壊れてしまう儚さがあるんですよ。

RWS Tarot Pents02

これがペンタクルの2です。

1人の大道芸人が、ペンタクル2枚を使ってジャグリングをしています。

ペンタクルが描く軌道は無限大の形になっている。

ペンタクルって「護符」って意味だけど、コインともみなせるんですよね。お金。

金は天下の回りものとか言うけど、このカードはまさにそれですよ。

経済循環。お金が回ってる。だからこのカードはとても景気のいいカードです。

ただ、芸人の足取りはけっしてしっかりとはしておらずよろめいている。後ろにある海も荒れている。

つまり盤石に思える経済繁栄も、少しのきっかけで崩れてしまうというカードですね。

RWS Tarot Swords02

これがソードの2。

一人の人物が双剣をクロスさせています。目には目隠しをしている。

この人物が女性だと見る人もいますが、私はそうは思わないですね。私には男性に見える。

ソードのカードに女性はクイーンしかいないですよ私の考えでは。

2のカードに描かれたこの人物は、めちゃんこ強い双剣の達人ですね。

目隠しをしていますが、これは精神を統一する修行なのです。

エースの記事で書いたように、剣とは知性を表します。

人間は「切る」ことで文明を発展させてきました。1つのものを切った最初の数が2なのです。

この達人さんが目隠しをしているように、適切に剣を使うには、精神を統一しないとできないのですよ。このカードは、落ち着いて物事に望まないといけないことを示しています。

今日はここまで。

また近い内に書きますのでお楽しみに。

ではでは。

See You!