一緒にタロットの勉強をしましょう小アルカナ編〜6〜

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

だいぶ間が空いてしまいましたが、タロット勉強小アルカナ編の続きを書いていきます。

今日は6について勉強します。

6

RWS Tarot Wands06

これがワンドの6です。

これはパレードですかね。月桂冠をかぶった武将と思われる人物が馬に乗り、ワンドを掲げて行進している。

周りには兵隊と思われる人物が複数ついてきていて、これまたワンドを掲げている。

ワンドの5が乱闘を示していたのに対し、こちらは勝って国に帰ってきたということですね。

このカードが出た場合には「勝利」が約束されたということでしょう。

ただし、後ろについてくる仲間たちへの責任ものしかかってるという事に注意しなければなりません。

RWS Tarot Cups06

これがカップの6です。

のどかな田舎町で年長の女の子が小さい女の子に花の入った杯を渡している。顔は嬉しそうな感じ。

溢れ出る感情はないけど、穏やかでのどかで微笑ましいといったカードですね。

ただ、この大きい少女は小さい少女へ優位性を誇示しているとも考えられる。

「私はお姉ちゃんだからこれあげる」って感じよ。

無償のプレゼントというのは時として相手への攻撃になる。

ある程度経験を積んだ方ならわかると思います。

RWS Tarot Pents06

これがペンタクルの6です。

裕福な人物が物乞いに施しをしています。左手に天秤を持ってるのがポイント。

この天秤は人間の持ち物じゃないですね。神から授かった天秤。

絶対公正な施しをするように神から言いつけられたのです。

つまり富の再分配ですよ。国(神)が税金を徴収し、貧者に公正に分配する。

そういうカードですね。

このカードが出たら人に物を分けてあげなさいということかもしれません。ただし公正に。

あるいは人に嫉妬してはいけないとかそういう戒めもありそうですね。

RWS Tarot Swords06

これがソードの6です。

船に乗った人物が岸を目指しています。船には剣が6本。戦利品でしょうか。

岸はもうすぐ先に見えていて、波の高い場所から穏やかな場所に船が進んでいる。

このカードは、ゴールが近いことを示すカードですね。

しかも苦しい場面は抜けて、あとはゴールを目指すだけって感じです。

逆に言うとここから方針転換しても上手くいかないというカードでもありますね。

今日はここまで

また折を見て書きますのでお楽しみに。

ではでは。

See You!