一緒に西洋占星術の勉強をしましょう〜アスペクト〜

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

西洋占星術の勉強の続きです。

今日はアスペクトについて勉強します。

アスペクトとは惑星同士の角度のことですね。これによって天体の意味がかわってくるのです。

アスペクトには以下の種類があります。

 

コンジャンクション(0度)=それぞれの天体の意味が強調される。ブレンドされる。

オポジション(180度)=良くも悪くも対立、意識し合う。

トライン(120度)=調和や安定、協力、強運、悪意を跳ね返す。

スクエア(90度)=不調和、トラブル、衝突、足を引っ張り合う。

セクスタイル(60度)=安定、調和、トラインよりも弱い。

 

まあ大体こんな意味ですね。

アスペクトにはパワーがありまして。

 

ハードアスペクト=オポジション、スクエア

ソフトアスペクト=トライン、セクスタイル

どちらでもなり得る=コンジャンクション

 

これでソフトよりもハードのほうがパワー(作用)が強いです。

でもここで疑問がわきますね。「惑星同士がピッタリの角度になることなんてそんなに無いんじゃ……?」

確かにそうです。だからアスペクトには遊び(許容範囲)が決められています。

この遊びのことをオーブと言います。

 

太陽や月とアスペクトする天体のオーブ

コンジャンクション、オポジション、トライン、スクエア=±8度

セクスタイル=±6度

太陽や月以外の天体とのオーブ

コンジャンクション、オポジション、トライン、スクエア、セクスタイル=±6度

 

こんな感じですね。

今日はここまで。

ではでは。

See You!