投稿の全記事数: 2,198件

マインドマップのすすめ

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

みなさんはマインドマップって知ってますか?

てっかまきは説明が下手くそなのでウィキペディアから引用します。

マインドマップトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

(中略)

描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。

⇒ウィキペディア(マインドマップ)

ということです。ひとことで言うと「アイデアを思いつくために描く絵」ですね。

こんな感じの絵です。

MindMapGuidlines真ん中に中心となるキーワードを書いて、そこから連想ゲームみたいにポンポン枝を伸ばしていくわけですな。

これが結構便利でしてね。

私も小説書くときに使ってます。

行き詰ったときにこれ描くと、たいてい何か出てきますよ。

例えば「レンドア帝政」を書いたときはこれだけマインドマップを描いています。

.魔法屋の客お仕事でも、趣味でも、宴会の余興でも、悩んでるときにはこれ描いてみるといいですよ。

アイデア出てきますから。

コツとしては、ルールを作らずに書くことですね。

「これは良くないから書かないようにしよう」とかじゃなくて、とにかく連想したものをポンポン書いていくんです。良くないものは後から削ればいいので。

いちばん間違った例が「階層を意識しちゃう」ことですね。

乗り物ー車ープリウス

例えばこのように枝を伸ばしたとして、「飛鳥2を思いついたけど、車と同じ階層だから客船って書かないとだめだよな、いや、船って書いたほうがいいのかな」とかそういうことを考えたらダメですね。

乗り物ー飛鳥2

って書いていいんですよ。そうやってポンポン書いていくんです。

そうすると思考が整理されて、なんとなくアイデアが出てきます。

これを描くためのフリーソフトもあるんですよ。

クラウド式のソフトとかもありますけど、私はFreeMindというローカル式のソフトが一番いいと思います。

以前はクラウド式のを使ってたんですけど、そのサイトの鯖が不安定になって使えなくなっちゃったんでね。

FreeMindは以下のサイトからダウンロードできます。

⇒FreeMind プロジェクト日本語トップページ – OSDN

初めは戸惑うかもしれないけど、使いこなせるようになると強力な思考法なので、ぜひ試してみてね。

See You!