投稿の全記事数: 2,167件

てっか流、小説の書き方~環境編~

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

今回からシリーズ物として、てっかまきがいつもやってる小説の書き方を伝授しようと思います。これを覚えれば誰でも小説が書ける!

では、説明していきます。

今回は小説を書く環境について書きます。環境が無いと何も書けませんから。

まあ、書こうと思えばメモ帳でも書けるんですが、それだと不便なのでね。

使うのはたった1つ。小説執筆エディタです。

てっかまきはOlivineEditorというのを使ってます。

olivine

このように、右に原稿を書いて、左で構造化できるわけです。

私は単純に話数ごとにわけてますが、シーン毎に分けて順番をいろいろ変えて考えたり、設定資料と合わせて書いてもいいかもしれません。

このエディタの特徴として原稿がtxtファイルとして保存されることが挙げられます。変なプロジェクトファイルに保存されたりしないんですよ。だからこのエディタのサポートが終わっちゃったりしても他のエディタで開くことが可能なんです。

んでね、その他にもこのエディタを使う最強のメリットがあるのですよ。

後から書きますけど、小説って段落の行頭を1字下げしなきゃいけないんですよね。このブログでは仕様上1字下げが出来ないので、下げてませんけど、本来は1字下げしないとだめなんです。

それがそこはかとなくめんどくさい。いや本当に。つい忘れたりとかしちゃう。

そこでこのOlivineEditorですよ。なんとこのエディタ。一発で全部を行頭1字下げしてくれるのです。しかも段落頭かそうじゃないか、すでに1字下げされてるかどうか、それを認識して最適に1字下げしてくれます。

すごいでしょ。これはおすすめですよ。

というわけで、使うエディタはこんな感じです。

今日はここまで。次回からいよいよ小説を作る設計編に入っていきます。

ではでは。

See You!