うつ病の私が心理的プレッシャーを感じないためにしている3つのこと

m030082

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

以前から言ってるようにてっかまきはうつ病なのですが、医者からは「心理的なプレッシャーを避けるように」と言われます。

んでね、どうやって心理的プレッシャーを避けてるかというと、まず第一にプレッシャーがありそうなことから逃げる。

例えば、私はドラクエをしていたときに、「イベント主催」ということから逃げてました。私は場を仕切ったりまとめたりというのが苦手なのです。うつ病になったときもそういう仕事をしてました。だからそれからは逃げる。

日本ではとかく「逃げてはいけない」とか「がんばらなきゃいけない」と言われがちですが、逃げてもいいんですよ。特にうつ病の場合には逃げてください。逃げるが勝ち。

しかし、もし逃げきれなかった場合。これが第二の秘訣。人まかせにする。

私はいま無収入で不安なんですけど、家族がなんとかしてくれると思い込んで心理的プレッシャーを回避しています。

うつ病の人って自分でなんでも抱えこみがちなんですよ。

でもね、人が歩くところを想像してください。人間は右足と左足と交互に出さないと歩けないのです。右足をあなた、左足を家族だと考えたらどうでしょう? あなただけ先にどんどん進んだら歩けませんよね。なんでも抱え込むというのは自分だけすすむということなんですよ。だから、うつ病のときぐらい左足にまかせてください。

最後に第三の秘訣。うつ病でいると、心ない中傷をうけることがあります。「甘えだ」とか「怠けている」とかね。

もしそういわれたら、「この人は動物園でオリの中にすんでいる」と思いこんでください。間違っても反論したりしてはいけません。じっくりと見物するのです。

オリに入っていれば自分にはなんの影響もありません。傷つくこともないし、ましてや死ぬことなんて全然ないわけです。

相手が罵詈雑言をあびせるさまを「なんか吠えてるぞ、この動物」と思いながら眺めていましょう。しだいになにも感じなくなるはずです。

以上、3つの秘訣を書きました。心理的プレッシャーを避け、ゆっくりとうつ病を治すようにしましょう。

では。

See You!