投稿の全記事数: 2,255件

てっか流、小説の書き方~基本設定を作ろう~

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

小説の書き方、第3弾です。

前回はシーンを決めるとこまでやりましたね。

描きたいシーンが決まったら、今度は基本設定を決めましょう。

基本設定とは、以下のようなものです。

1 この物語の売りは?
2 いつ?
3 どこで?
4 だれが?
5 なぜ?
6 何をする?
7 主人公の敵は誰か?何か?
8 どのように始まるのか?
9 最終的にどうなるのか?

このように、基本設定とは主人公を決めるといっても過言ではありません。

これをしっかりと決めておくことで、物語が迷走せずに一貫して書くことができるようになります。

竜帝の野望の場合は以下のように設定を作ってます。

1 この物語の売りは? 竜帝打倒の旅に出た少女の英雄譚
2 いつ? クヌルド歴885年
3 どこで? ティシュラルト
4 だれが? イサ
5 なぜ? 父を助けるため
6 何をする? 竜帝打倒を目指して旅をする
7 主人公の敵は誰か?何か? ディアテュヌス公爵
8 どのように始まるのか? 母が死の間際に父の真相を語る
9 最終的にどうなるのか? イサが大公になる

竜帝の野望を読んだ方は「あれっ?」と思うでしょう。「最終的にどうなるのか」が本編とは異なっています。

このように、本編を書く段階である程度ならば基本設定を変えても構いません。ただし、物語の軸がぶれないように注意して変えるようにしてください。

では、例として、放浪の帝イサの新しい話の基本設定を考えてみましょう。

前回決めた描きたいシーンは、以下のようなものでした。

以前登場した猫の目を再登場する。そして猫の目とイサが真剣に話している。

このようなものでしたね。ではこれをもとに基本設定を作ります。

1 この物語の売りは? 因縁の敵であるイサと猫の目が共闘する
2 いつ? イサ23歳のある日
3 どこで? 帝都
4 だれが?  イサと猫の目
5 なぜ? セクメオン国の駐留大使暗殺事件を解決するため
6 何をする? 暗殺者を捕まえる
7 主人公の敵は誰か?何か? 駐留大使暗殺の実行犯、および首謀者
8 どのように始まるのか? 駐留大使の認証式が催されている
9 最終的にどうなるのか? 暗殺者は死亡、黒幕が明らかになり、処刑

こんな感じですかね。

でもね、みもふたもないこと言いますけど、5000字程度の短編ではこんなにしっかり設定決めたりはしないですw ほとんど行き当たりばったりで書いています。普段はね。

今回は例として放浪の帝イサでやってますけど、基本的にこのやり方は長編を書く時のやり方だと思ってください。

では、今日はここまで。

See You!