投稿の全記事数: 2,199件

大学でぼっちの人が大学の近くに家を借りるべき3つの理由

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

以前も書きましたがてっかまきは大学のときぼっちだったんですよ。

それで良かったと思うのがね、大学の近くに家を借りたことですよ。

それのなにが良かったのかというのをお教えしたいと思います。

便所飯をしなくて良い

私の家は大学の講義室から自転車で10分のところにありました。講義室から10分ですよ? これポイントね。

これだけ近いとね、家でお昼ごはん食べれるんですよ。

講義が11:50に終わります。途中のコンビニでお弁当買って家に帰るまで15分。12:05から笑っていいとも見ながらご飯食べて、12:30。そして講義室に戻る。

私は学食で食べたことは1度もありませんでした。というか、学食に入ったこともないです。

なんならサンドイッチ食べながらピアノの練習とかしてましたよ。2万円のキーボードで。

これがまずおすすめする理由ですね。続いて、

行動範囲が狭くて良い

ぼっちの人ってだいたい行動範囲が狭いんですよ。いろんなとこに行くのが苦手なんです。誰も一緒に行く人がいないからね。

大学の周りにはだいたい必要な施設がそろってるんです。コンビニ、郵便局、銀行、食品スーパー。

だから家の周りだけですべて生活が完結するんです。おしゃれなレストランとかは周りにないんですけど、そんなとこ行かないしね。

ただし、これが注意なんですけど、家の周りのところでバイトしてはダメです。なぜなら学生がいっぱい来るので、同じ学部の人と顔を合わせる確率が高くなります。

仕方ないのでバイトは例外として、ちょっと遠めのところでするようにしましょう。

たまり場になるリスクがゼロ

一般的に大学の近くに家を借りるリスクとして、友達がいっぱい来てたまり場になってしまうということがあげられます。

しかし、お察しの通り、ぼっちだと誰も来ないのでそのリスクがゼロなのです。

自分だけの空間を悠々と楽しむことができます。

ただし、隣にいる学生が友達を呼んでうるさいとかは覚悟しておかねばなりません。

カップルが同棲とかし始めたら最悪です。

なので、そういう場合は不動産屋さんにちょっと大げさに連絡をして、静かにするように注意してもらうようにしましょう。

快適なぼっちライフを

ぼっちというのは必ずしも悪いことではありません。

大学生活がぼっちでも得るものはあります。

正しいノウハウを身につけ、快適なぼっちライフを送るようにしましょう。

ではでは。

See You!