投稿の全記事数: 2,202件

就職面接のトンチ問答をいますぐやめろ

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

こんなまとめがありました。

by akihito nakanishi - Flickr1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/03/25(金) 23:21:17.380ID:RoFNn3Q60.net 僕「そして口に運び食べて甘いほうが加糖です」 面接官「触れないという前提を忘れないでください」 僕「では匂いを嗅ぎ甘いにおいをし...

こういうトンチみたいな面接って本当にあるの?

私が就職活動してたころはこんなの無かったから知らないんだけど。

こういうトンチ面接ってさ、意味あるの?

普通に自己PRとか聞いたほうが人間性がわかる気がするんだが。

こういうのを最初に始めたのってGoogleなんですよね。

でも日本企業と企業組織も社風もぜんぜん違うのに、それを表面上だけ真似しても害にしかならんやろ。

向こうは新卒一括採用じゃないし。

これで柔軟性を見るとか言うけどさ、柔軟な人材が入ってきて柔軟な業務改善案を出しても突っぱねるんだろどうせ。

中小企業は知らんけど、今の大企業って現場と採用人事が完全に分離していて、現場はどんな人材が来るのか知らないし、採用人事は現場がどんな人材を欲しがってるか知らないから意味無いですよこんなの。

そんなこと思ってたらこんな記事が出てきた。

「飛行機の中にゴルフボールをいくつ詰め込めるか、マンハッタンに給油所は何か所あるか。完全に時間の無駄。こんな質問では何の予測もできない」

NYTの2013年6月19日付インタビューにこう答えたのは、グーグルで人事担当の上級副社長を務めるラズロ・ボック氏。グーグルがこれまで実施してきた採用試験の方法論を真っ向から否定する発言だ。

いや、そんなん私でもわかるわww トンチが解けたからって仕事できるとは限らんもんw

本家Googleがトンチ面接をやめた今、日本企業はいつやめるんだろうか。

あと30年ぐらいは続きそうな気がするぞw 一度始めたら止めたがらないからな日本企業って。

「これはダメなやり方だ」ってはっきりわかればいいんだけど、人材の良否ってわかりにくいからこれからもずっと続くでしょう。

ではでは。

See You!