うつ病という病・その1〜うつ病の種類と症状〜

Shared img thumb paku adhklkjlasdfa TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

今日から私が持ってるうつ病の知識を何回かにわけて書いていこうと思います。

てっかまきはうつ病です。なので、自分の病気を知るためにいろいろと調べたのです。

その知識が同じ病気で苦しむ人の助けになればと思います。

ただし、私は医者ではありません。間違っている箇所もあるかもしれませんので、この記事を診断に用いないでください。

では書いていきます。

うつ病の種類

うつ病にはその病態に応じて3つの種類があります。それは、

  • 内因性うつ病
  • 心因性うつ病
  • 身体因性うつ病

内因性うつ病とは何の原因もなくなる突然なるうつ病です。その原因は遺伝や体質だと言われていますが、未だ解明されていません。

何の原因もなく突然なるので、何の前触れもなく突然治ったりもします。

また、いったん寛解しても反復して何回も症状が出ることがあります。

心因性うつ病とは外的なストレスや急激な環境の変化によって起こるうつ病です。こちらは原因がはっきりしており、ストレスの要因から離れて休養すればすぐに治ります。

身体因性うつ病とは他の臓器の病気が原因で起こるうつ病です。アルツハイマー病や甲状腺機能低下、糖尿病などによって起こります。また、薬の副作用によってなるのも身体因性です。

うつ病の症状

診断基準(DSM)では

  • 抑うつ気分
  • 興味・喜びの喪失

これのどちらか、あるいは両方があり、かつ、

  • 食欲の減退あるいは増加、体重の減少あるいは増加
  • 不眠あるいは睡眠過多
  • 精神運動性の焦燥または制止(沈滞)
  • 易疲労感または気力の減退
  • 無価値感または過剰(不適切)な罪責感
  • 思考力や集中力の減退または決断困難
  • 死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図

これらのうち5つ以上に当てはまり、それが2週間以上続けばうつ病の疑いありということです。

ただこれはあくまで診断の基準であるので、これから外れているうつ病もあります。

本当にうつ病なのかどうかというのはお医者様に診断してもらわないとわかりません。

うつ病というのは風邪のように単純な病気ではないのです。

風邪ならば「熱がある。のどが痛い。風邪だな」とわかりますが、うつ病の場合は人によって出る症状が違うため、お医者様にかからないとわかりません。

よって、自己診断してはいけません。繰り返しますが、お医者様にちゃんと診てもらうべきです。

ネットによくあるような「うつ病診断チェック」とかいうテストも当てにならないです。

ということで、今日はここまで。

ではでは。

See You!