うつ病という病・その2〜抗うつ薬の種類と原理〜

shared-img-thumb-paku_adhklkjlasdfa_TP_V.jpg

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

「うつ病という病」第2弾です。

今回は抗うつ薬について説明します。

が!

その前に。

うつ病の患者さんの脳内ではどのような現象が起きているのでしょうか?

それを解説していきます。

ただし、私は医者ではありません。間違っている箇所もあるかもしれませんので、この記事を診断に用いないでください。

うつ病患者の脳内

端的に言うと、うつ病とは「脳内の神経伝達物質の欠乏」によって起こる病気です。

神経伝達物質とは、セロトニンやドーパミンのことをいいます。

脳の中では神経細胞が網の目のようにネットワークを形成していますが、神経細胞同士は神経伝達物質をやりとりすることで通信を行うのです。

UtsuGenin

出典:リワークデイケア

健康な人間の脳ではこの神経伝達物質が正常に放出されるのですが、うつ病の患者の脳では一旦放出した神経伝達物質を神経細胞が再び吸収してしまうのです。

このことによって欠乏が起こり、心身に異常が出ることになります。

この現象を改善するのが抗うつ薬であるわけです。

抗うつ薬の種類と作用機序

ここからは抗うつ薬について説明していきます。

SSRI

「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という抗うつ薬です。比較的新しい薬で、従来の薬よりも副作用が少ないことで知られています。

名前の通り、神経細胞がセロトニンを再吸収してしまうのを阻害し、細胞間のセロトニンの濃度を高くします。

このタイプの薬として、パキシル、ジェイゾロフト、デプロメールなどがあります。

SNRI

「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」という抗うつ薬です。

SSRIの作用に加えて、ノルアドレナリンの濃度も高める作用があります。

伝達物質の濃度は高くなるのですが、ノルアドレナリンは興奮作用があるので、不眠などの副作用も出やすいです。

このタイプの薬として、トレドミン、サインバルタなどがあります。

三環系抗うつ薬

古いタイプの抗うつ薬です。SSRIやSNRIと同じく、セロトニン、ノルアドレナリンの濃度を高めますが、選択的な作用ができません。

つまり、この物質とこの物質というふうに限定して作用することができないということです。

よって副作用が出やすいです。

ただし、現在でも使えないというわけではありません。薬は相性ですから新薬よりも三環系のほうが合うという場合もあります。

私が現在使っている薬も三環系です。

このタイプの薬として、アナフラニール、アモキサンなどがあります。

効果が出るまでの期間

一般的に、抗うつ薬の効果が出るには2週間〜1ヶ月ほどかかると言われています。

すぐに効果が出ないからといって、飲むのをやめてしまったりしないようにしましょう。

ということで、今日はここまで。

ではでは。

See You!