投稿の全記事数: 2,257件

身近な現象の意外な名前、その2

応援ポチよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

TAKA160421400I9A2651 TP V

みなさんこんにちは。

てっかまきです。

身近な現象の意外な名前、続きです。

ストックホルム症候群

誘拐事件の被害者が、犯人と長時間一緒にいることでむしろ犯人に愛着を抱くようになること
逆に犯人が被害者に愛着を抱くのはリマ症候群という

誘拐事件にかぎらず、人質事件とかでもありますよね。被害者が「彼は悪くない!」とかかばったりするとか。極度の恐怖を避けるための防衛機制なのかな。不思議な現象ですね。

スプーナリズム

「なつはあつい」→「あつはなつい」

みたいな言葉遊びのこと

こんなんにも名前ついてんのかよww 別に名前つけんでもいいやろw

偽薬効果

騙されて効果がない薬を服用しても、精神的作用で体に影響を与えることプラシーボ効果とも言う

一般的に承認されてる薬というのはプラシーボ効果と比較して有意に効き目がでるかどうかテストされています。

具体的には、全く同じ見た目の偽薬と本物の薬を被験者に渡して効果を比較します。このとき、効果を評価する人間もどちらが本物か知らなくすることがポイントです。

なぜなら、評価する人がわかってると、無意識のうちにどちらかにバイアスをかけてしまう可能性があるからです。

このやり方を二重盲検法といいます。

薬はこのやり方を使って厳密なテストができますが、カウンセリングなどはこの方法が使いにくいので科学的な精度で劣ります。

薬よりカウンセリングのほうが安全な感じがしますが、実際は薬のほうが厳密にテストされてるんですよ。

カタルシス効果

怒りや悲しみなどの負の感情を、言葉にして表すことで安心すること

これはよく使いますよね。漫画や小説で負の感情が表現されてたら「カタルシスを得た」とか言いますよ。

実際にもストレスが溜まったときに言葉にすることは発散になります。誰かに話を聞いてもらうだけですっきりするんですよ。

ディラン効果

頭の中で、何かのメロディーの一節が流れ続けている状態

よくありますねw 「なんでいまこの曲?」みたいなことが多々。

マルチプルアウト

どのようにでも解釈できる曖昧な言い方のこと

ノストラダムスの大予言とかですかね。あれ何であんなに流行ってたんでしょうね。いまとなってはバカらしい話だけど。

ラバーペンシルイリュージョン

えんぴつとかの端を持ってゆらゆらさせると曲がって見えるあれ

誰でも1回はやるよねこれw

というわけで、今日はここまで。

ではでは。

See You!